THE CORONAS official blog
by thecoronas
THE CORONAS
アイルランドの観光情報はこのロゴをクリック


2009.2.25発売!
デビューアルバム
「ヒーローズ・オア・ゴースツ」
(C) THE MUSIC PLANT
当ブログ上の情報、記事の全文または一部の無断転載および配布を固く禁じます。
なおここに書かれた情報は、すべてそれが書かれた時点での資料をもとにしています。実際に場所を訪ねる時は事前に確認してから行動されることをお薦めいたします。
◎リンク
ビクター公式ページ
The Coronas Home page
My Space Page
My Space fan Page(日本/非公式)
◎その他のブログ
THE MUSIC PLANT
◎このブログへのお便りはこちら
カテゴリ
全体
The Coronas
観光
ショッピング
レストラン、カフェ
音楽
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Venue:The Button Factory (Temple Bar Music Centre)
この前の回でも書いたようにダブリンではオーナーが変わったりするのが理由なのか、同じ会場なのに名前が変わる事が良くある。そして昔の名前で今だに呼ばれていたりする事も多い。現在でもPOINTはPOINTと呼ぶ人が多いし、これから紹介するThe Button Factoryも旧名のTemple Bar Music Centreと呼ぶ人が多いと思う。(このヘンもCCレモンホールと一緒か?!)

このブログのトップに掲載しているザ・コローナズが演奏している会場はThe Button Factoryと言うのだけど、昔はTemple Bar Music Centreと呼ばれていたことから分かるようにまさにTemple Barのど真ん中にあり、ポイントと違ってダブリンに観光として行った人が一番行きやすい会場と言えるだろう。座りで200くらい、スタンディングで500人くらいか。会場の印象は東京のクラブクアトロによく似ている。この映像収録時のコローナズはこの会場で2日間をソールドアウトにしていた。

同じビルの建物の上の階にはスタジオがあり、そのスタジオでは映画「Once〜ダブリンの街角で」のレコーディングのシーンが撮影された。

The Button Factory
Temple Bar Music Centre
Curved Street, Temple Bar, Dublin 2
[PR]
# by thecoronas | 2008-12-22 09:49 | 音楽
Venue:THE POINT(The O2)
ダブリンの町の魅力はやはり音楽に溢れているという事。パブに行けばセッションをやっているし、コンサートが観れるヴェニューも沢山ある。一番大きなキャパシティを誇るものはTHE POINTというシアターで、リバーダンスの初演もここだったし、いわゆる大物ミュージシャンはここでコンサートを行う。

このブログのトップに掲載しているザ・コローナズのビデオの2:35頃に出て来るが、このPOINTがあるエリアはいわゆるダブリンのウォーターフロント地区だ。会場内部の基本はただっぴろいスペースで、そこにステージに加えてスタジアム風に椅子が並ぶ。キャパシティは5,000人程度だが100万都市のダブリンにとって、ここは東京ドーム以上の場所と言える。英米のビックアクトものは、大抵UKツアーの途中にダブリンに寄り、英国ツアーの一環としてこのPOINTでたった1回だけのアイルランド公演を行う。

地元アーティストとしてはメアリー・ブラックが過去5日間そこをソールドアウトにした記録があり、おそらくソロアーティストとしてはその記録はやぶられていないと思う。その後はもちろんリバーダンスが何ヶ月も連続公演を行った事でも有名である。過去に私もスティングやポール・ブレイディ、ウイリー・ネルソン、リバーダンスで有名になったマイケル・フラッタレーが率いるロード・オブ・ザ・ダンスをこの会場で観ている。

さてこのポイント・シアター、行くための交通手段がない。車があれば車で行くのも手だ。駐車場はデカい。タクシーに乗っていくのもいいが、タクシー代をケチるとなると、けっきょくは歩くはめになる。歩くとオコンネル・ブリッジから15〜20分くらいか。かなり距離がある。しかも冬は海風がビュンビュン吹いて、かなり辛い。でもコンサートに向かって歩き始めると、多くの人がコンサートに向かって歩いているので、結局は歩くのが一番ポピュラーな行き方なのかも。昔はCustom Houseを通り過ぎるとPointにたどり着くまで何もなかったけど、最近では開発の進んだお台場みたいに途中に洒落たホテルも出来たので、帰りはここでタクシーを拾ったり呼んでもらうこともできる。

さてここまで書いてサイトをチェックしたところ、なんとTHE POINTはもうPOINTとは言わないのだそう! 改装されたのと同時に新たにThe O2としてオープン(電話会社のO2か? 渋谷公会堂がCCレモンホールになったのと同じ事?)。キャパも8,500人、スタンディングだと13,000人収容できるようになった。明日12月22日はコールド・プレイのコンサートがある。

The O2, Northwall Quay, Dublin 1
http://www.theo2.ie/
[PR]
# by thecoronas | 2008-12-21 23:29 | 音楽
Cafe:Queen of Tarts
Dame StreetにあるQueen of Tartsに最初にいったのはミュージシャンのフランキー・レーンに連れられて。フランキーは人気アコーディオン奏者シャロン・シャノンとも仲良しのヒッピーを地でいく放浪のミュージシャン。ドブロ奏者として有名で、ボブ・ディランと共演したことがある。その後この店には多くのミュージシャンと一緒に訪れたが、「じゃあQueen of Tartsで」と待ち合わせの場所を指定すると、みんな「あぁ、フランキーの好きなあの店ね」と言う。本当に10人ちょっとのお客が入ればいっぱいの小さなこの店はいつも混んでいて、ものすごい人気店だということが分かる。面倒見のいいお姉さんたちがチャキチャキと働く姿は、いかにも昔からのダブリンといったおもむきだ。

それにしても、ここのタルトやケーキは世界イチ美味しい。全メニューを制覇したくなる。トリニティカレッジを背にしてDame Streetを歩き5分くらい、道の右側にある。オリンピア劇場を通りすぎてすぐ。

Queen of Tarts,
Dame Street, Dublin 2. Tel: +353 1 670 7499

e0161902_21342771.jpg
[PR]
# by thecoronas | 2008-11-15 20:30 | レストラン、カフェ